生理前の吐き気について記しています

生理前 吐き気

生理前の吐き気対策004


HOME



女性が生理前に感じる吐き気への対処法な



女性が生理前に感じる吐き気への対処法など
生理前 イライラ

女性は生理前になると、PMSの症状のひとつで、吐き気がすることがよくあります。

PMSの一般的な症状として多いのは、吐き気やイライラ、頭痛や腹痛などです。

妊娠の初期にも吐き気は出てくる人が多いですが、PMSとどのように違うのかみていきます。

PMSが原因の場合は、生理がくるとすぐおさまります。

そのため、妊娠ではないことがすぐにわかるものです。

それまでは、妊娠によるものなのか、PMSによるものなのかは、はっきりと分からない場合が多くあります。

妊娠の場合は、妊娠特有のにおいに敏感になるという症状があったり、PMSではよくあるイライラの症状が出なかったりします。

女性が生理前に起こるPMSの吐き気の原因ですが、女性ホルモンが影響をしているため、生理がくるとすぐによくなるのです。

一般的に、生理の3日から10日前に起こるという人が多くおられます。

PMSに有効だとされているのは、低用量のピルです。

低用量のピルによって、ホルモンをコントロールすることができるのです。

低用量のピルを服用することによって、今までは普通に起こっていたイライラなどの症状が、嘘のようによくなってしまうこともよくあります。

しかし、低用量のピルに慣れるまでの2ヶ月ほどは、そのピルの副作用で気持ち悪さが続いたり血栓などもまれにあります。

使用をする際には、必ず医師の判断のもとで行うことが大切になってきます。

また、PMSの症状があまりにもひどいときには、漢方を飲んだり、サプリを飲んだりして改善する人もおられます。

さらに、PMSの吐き気に効くツボもあります。

そのツボは、内関というツボで、これから体調が悪くなりそうだ、と思ったときに押すことが大切です。

内関というツボは、手のひらから肘に向かって、指3本分のところにあります。

親指で押すことで力もよく入るため、より効果を期待できます。

そのほかには、PMSを改善するストレッチもあります。

PMSは、骨盤のコリを緩めてあげることで改善される場合もあるのです。

この骨盤のコリを緩めてあげるストレッチを行う場合には必ず、力をいれてするのではなく、できるだけ力を抜いて行うことが大切なのです。

あまりにもPMSの症状がひどい場合は、仕方のないことだと思って我慢をするのではなく、医師に相談をしたり、自分のできることから一つずつ行っていくことが大切です。

いろいろと試すことで、少しずつ改善されていくものです。



生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、


メニュー





メニュー



Copyright (c) 2014 生理前の吐き気対策004 All rights reserved.

▲TOP